メリットが多い!屋上緑化が都市部で進んでいる妥当な理由

ヒートアイランド現象の緩和に有効

屋上緑化には、いくつかのメリットがあります。特に注目を集めているのは、都市部のヒートアイランド現象を緩和できる効果でしょう。都市部は太陽熱が蓄積される傾向にあり、温度上昇が問題となってきました。しかし都市地域に緑を増やす取り組みにより、異常な過熱状態を抑えることができます。屋上緑化を導入するビルがさらに増えてくれば、これまでは暮らしにくかった都市エリアの生活環境も次第に改善されるかもしれませんね。

空気の清浄化作用が利点の一つ

屋上緑化は、空気清浄化の利点を持っていることが利点の一つですね。人や車の多い都市部は、地方に比べて空気の汚染されている傾向が強いです。近年では排ガス規制などである程度の清浄化は進んではきました。屋上緑化によって、汚れている空気をさらに綺麗にすることが可能ですね。植物は大気中に漂っているホコリや粉塵を吸着することができるため、屋上緑化によって汚れている都市の空気をさらに綺麗にする作用に期待ができるでしょう。

水質改善の効果が得られる屋上緑化

屋上緑化によって、水質改善の効果に期待できます。屋上緑化では、植物を育てるために土壌を用意する必要がありますが、土は植物を育てる土台であると共に、雨水をクリーニングにするフィルターの役割も果たしているのです。土の中には大量の微生物が存在していて、有害な物質を分解する能力を持っています。屋上緑化では植物による環境改善の効果に注目が集まっていますが、同時に緑化に欠かせない土壌自体も都市部の浄化に一役買っているのです。

屋上緑化とは、屋上に木々を植えることで、植物から発する水蒸気の気化熱で気温を下げたり、日陰を作るなどの効果を期待してするものです。