注目されている!機械式時計の商品そのものの魅力について

機械式及びクォーツ式について

針が時を刻み込むバリエーションの時計には2つに分類して存在します。ゼンマイを活用することによって駆動する機械式時計及び電池を利用することによって動作するクォーツ式です。現在、ユーザビリティーの良さや堅牢性といった利点から普通に発売される腕時計の大半がクォーツ式であると言えるでしょう。そうは言っても只今クォーツ式を作り上げている会社は、スイス及び日本のみしかありません。クォーツについては大量に製造することができるためとても安く供給することが出来ます。

クォーツ式時計の特徴

クォーツ式時計の最も大きい利点は安い値段ですから、ホームセンターなどにおいては1000円に達しない販売品も発見出来ます。価格は安いとしても電池を活用することによって正常に動くためメンテは必要ないですし時刻も確実です。それに加えて丈夫なことからちょっとしたエクササイズにも持ちこたえられるため利便性がいいといえるでしょう。一方で、内部に在るムーブメントに関しては押しなべて消耗品で、耐久年数は10年といったところです。

機械式時計の主な特徴

近頃では高級時計の代表格に定まりつつある機械式時計についてですが、その商品価値に若年層が手に入れるケースも拡がっています。バックグランドにあるのは、生物のように作動させるためにゼンマイを巻く必要があり、その振る舞いが新鮮な感じがあります。一方で、とてもデリケートに構成されているためハードな運動には耐えられません。それに加えてメンテナにもコストがかかることを覚悟することになります。しかしながら、そういう様なウィークポイントを補って余りある訴求力が機械式時計にはあります。

ウブロの機械式腕時計の平均価格は200万円前後です。高級腕時計のなかでは比較的買いやすい価格水準になっています。