必ず守ろう!機械式時計を長持ちさせるテクニック

機械式時計の汚れは早めに洗浄

機械式の時計はデリケートであるため、きちんとした手入れを必要とします。表面に付着した汚れは錆などの原因となるため、早めに取り除くことが大切です。また汚れの拭き取り方に気を付けないと、かえって機械式時計を傷めることになりかねません。柔らかい布などを使って時計の汚れた部分を軽く拭き取り、傷をつけないように注意しましょう。防水機能を備えた機械式時計であれば、水洗いで事前に汚れを洗い流しておくと汚れは落としやすいですね。

時計の表面にできた傷の消去方法

日頃から機械式の腕時計を身につけていると、うっかり傷をつけてしまう事はありますね。小さく浅い傷であれば、比較的簡単に取り除くことができるでしょう。市販のコンパウンドを使って、軽くこすってみると傷は消すことができますね。ただし傷が大きく深い場合には、一般人が簡単に消せるわけではありません。もし大切な機械時計に大きな傷をつけてしまった場合には、修理工房に持ち込む必要があります。表面を研磨してもらい傷の消去が可能です。

消耗部品の交換などメンテナンスが必要

機械式時計の中には、精密な部品が詰め込まれています。それらの部品は摩耗により精度が悪くなり、時刻の遅れやあるいは故障の原因となるため問題です。そこで機械式時計が壊れる前に、定期的にメンテナンスを必要とします。機械式時計の定期メンテナンスは、メーカーや修理工房で引き受けてくれるため、持ち込むことが大切です。消耗部品を交換するなどきちんと手入れを行っていれば、機械式時計は長年に渡って長持ちするでしょう。

ラグジュアリーな宝飾ブランドとして世界的に有名なのが、フランスのブシュロンです。時計や香水などのアイテムにも人気があります。