七五三のお祝いのレストラン選び!どこが良い!?

七五三とはどのようなお祝いでしょう

七五三とは三歳、五歳、七歳になった子どもの成長を祝って神社や寺にお参りに行く日本の年中行事のことを言います。江戸時代に徳川綱吉が自分の長男の健康を祝ったことが始まりとされています。11月15日が七五三の日とされていますが、今では天候や両親の都合などにより、11月のどこかで行うということが多くなっています。本来は、三歳に行う髪置きの儀、五歳に行う袴儀の儀、七歳に行う帯解きの儀、というその年齢に達した子どもが行う儀式を祝うためのものでしたが、現在は正装をして参拝に行くことが通例となっています。

参拝後は共に食事に行こう

七五三は子どもの成長を祝うものです。両親だけでなく、祖父母や親族などたくさんの人をお呼びして一緒にお祝いをしましょう。神社や寺に参拝に行った後は記念写真を撮ることが多いです。参拝したところで、撮る人もいれば、写真館などに行って撮ってもらうこともあります。その後には皆で食事に出かけてはいかがでしょうか。参拝した神社や寺に近いところや自宅に近いところのレストランやカフェなどを選ぶとアクセスが良いです。

七五三のレストラン選びをどうする?

今では七五三用にプランがあるレストランやアレンジをしてくれるレストランもあるので、利用すると良いです。また、大人数で行くことができたり、着替える場所があったりすると子どもも伸び伸びと過ごすことができるでしょう。少し音を立てたり、声を出しても気にしなくて良いところを選ぶと子どもの成長を見せることができ、喜ばれます。七五三は子どもが主役の日です。子どもが好きなレストランや好きなものが食べれるところを選ぶと良いでしょう。

七五三のレストランは伝統的なものを取り入れています。食事ではみんなが喜ぶメニューが充実しているので会話も弾みます。